最近ついていないと感じているあなた、開運生活してみませんか?

リンク

▼浄土真宗

浄土真宗では仏壇など、すべての道具に意味があると言われています。

当然、そこに飾られるお花にも意味があります。浄土真宗において、それは阿弥陀仏の慈悲の心を表しているそうです。

もちろん人間にも慈悲の心はありますが、差別や長続きしないという欠点があるのです。そんな欠点の多い人間の慈悲とは違い、阿弥陀仏の慈悲は平等で無限です。

お仏壇に花を飾るのは人々がいつも仏様の大きな慈悲を感じられるように、とのことなのでしょう。

季節の美しい植物は仏の道に詳しい者でなくても、それが癒しであることを理解することが出来ますからね。

おすすめリンク

おすすめ